(読み)つのる

精選版 日本国語大辞典「募」の解説

つの・る【募】

[1] 〘自ラ五(四)〙
① 権力や武力をふりかざして度を超えた行動をとる。また、強くたくましくなる。
※吾妻鏡‐元久元年(1204)一一月四日「伊勢国三日平氏跡新補地頭武威
※日葡辞書(1603‐04)「カノ ワカイ ヒトワ イカウ tçunotta(ツノッタ)
② 度合がますますはげしくなる。いっそうひどくなる。こうじる。
※ささめごと(1463‐64頃)上「横しまなる道つのりて後は、いかばかりの賢聖にあへるとも詮なかるべし」
[2] 〘他ラ五(四)〙
① ある目的のために必要な人や金銭や物を広く集める。募集する。
※霊異記(810‐824)中「女、幣帛を募りて、祷(いのり)して曰はく」
※大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)四「王、四兵を率て、猛士を簡ひ募(ツノル)
② 功労に報いるため、ある特典、恩賞などをあてる。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)八月二六日「今投老命於武衛、欲子孫之勲功
※東寺文書‐永久二年(1114)一一月二六日・太政官牒「以其地利、募彼用途者、誠為国為寺有益無損」
④ 高くする。つり上げる。
※随筆・胆大小心録(1808)九一「価をつのらんとて、鑒札を出す悪書の人の、さても面皮のあつき事よ」

つのり【募】

〘名〙 (動詞「つのる(募)」の連用形の名詞化)
① つのること。ひろく求め集めること。募集。
※大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)四「難処に飢寒せり。王の募(ツノリ)に赴かむと欲ふ」
② ますますはげしくなること。ひどくなること。激化

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android