コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力役 リキエキ

5件 の用語解説(力役の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りき‐えき【力役】

体力を要する仕事。力仕事。肉体労働。りょくえき。
「総ての―に争うて従事し」〈逍遥内地雑居未来之夢〉
りきやく(力役)

りき‐やく【力役】

国家から課される労役。律令制では、雑徭。りきえき。

りょく‐えき【力役】

りきえき(力役)1」に同じ。
「兵制一般の法を設くるは其―を尽さしむるにあり」〈新聞雑誌二〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の力役の言及

【一条鞭法】より

…中国,明代後期より清初にかけて行われた税法。従来多くの項目に分かれて割り当てられていた租税,力役(徭役(ようえき))を銀納化し,各項目を一条にまとめて銀で納入させることにしたのがこの税法である。一条編法と記すのが正しいとされるが,単に条鞭とも一条法と記すこともある。…

【雇役】より

…日本の古代の力役制度。地方の役民を強制的に中央に差発し,対価と食料をあたえて造寺や平城京,難波京,平安京など朝廷の土木工事に従事させた。…

【賦役】より

…すなわち賦役の語は,おおまかにいって一つは徭役,二つは田賦すなわち土地税と徭役の両者を意味する意義の変遷があったのである。秦・漢から明代中期では,賦役は徭役を意味したので,ここでは徭役(力役(りきえき)ともいう)の意味で,そのありようをみる。 徭役は国家の賦課する義務労働で,田賦とならぶ人民の二大負担となっていた。…

※「力役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

力役の関連情報