コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勤労の権利・義務 きんろうのけんりぎむ

2件 の用語解説(勤労の権利・義務の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

勤労の権利・義務【きんろうのけんりぎむ】

前者は働く意思と能力をもちながら働くことのできない者が国家に対し働く機会を求める権利。労働権とも。20世紀にはいって生存権的基本権の一つとされた(憲法27条1項)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勤労の権利・義務
きんろうのけんりぎむ

日本国憲法第27条1項に規定されている権利・義務をいう。一般に勤労の権利は労働権ともよばれている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勤労の権利・義務の関連キーワード意思能力ゴドーを待ちながら分子間力臥竜完全失業者邪佞宝の持ち腐れ勤め奉公夜働き立働く

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勤労の権利・義務の関連情報