勧化(読み)カンゲ

デジタル大辞泉の解説

かん‐げ〔クワン‐〕【勧化】

[名](スル)《「かんけ」とも》
仏の教えを説き、信心を勧めること。「衆生を勧化する」
仏寺仏像を造営するため、信者寄付を勧めて集めること。勧進

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんげ【勧化】

( 名 ) スル
〘仏〙
仏の教えを説き、信仰に入らせること。仏の教えを広めること。
寺社・仏像などの建造・修復のため寄付を集めること。勧進かんじん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の勧化の言及

【勧進】より

…金品募集の手段として神仏の功徳を説く方法は,14世紀中葉には《師守記》の1364年(正平19∥貞治3)の条に〈薬王寺勧進猿楽〉とあるように,芸能によることもあり,近世には〈勧進相撲〉〈勧進芝居〉も広く行われるようになった。江戸時代の勧進(勧化(かんげ))は,その許可方式に基準をおくと〈御免勧化(ごめんかんげ)〉と〈相対(あいたい)勧化〉の2種類がある。御免勧化は寺社修復助力のために,幕府が寺社奉行連印の勧化状を寺社に与えて許可する方式で,村々には勧化にやってくる寺社名,時期,また勧化する者が回国する国名などを記した触書を出して,信者は物の多少によらず寄進するように伝えた。…

※「勧化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android