コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧化 カンゲ

デジタル大辞泉の解説

かん‐げ〔クワン‐〕【勧化】

[名](スル)《「かんけ」とも》
仏の教えを説き、信心を勧めること。「衆生を勧化する」
仏寺仏像を造営するため、信者寄付を勧めて集めること。勧進

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんげ【勧化】

( 名 ) スル
〘仏〙
仏の教えを説き、信仰に入らせること。仏の教えを広めること。
寺社・仏像などの建造・修復のため寄付を集めること。勧進かんじん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の勧化の言及

【勧進】より

…金品募集の手段として神仏の功徳を説く方法は,14世紀中葉には《師守記》の1364年(正平19∥貞治3)の条に〈薬王寺勧進猿楽〉とあるように,芸能によることもあり,近世には〈勧進相撲〉〈勧進芝居〉も広く行われるようになった。江戸時代の勧進(勧化(かんげ))は,その許可方式に基準をおくと〈御免勧化(ごめんかんげ)〉と〈相対(あいたい)勧化〉の2種類がある。御免勧化は寺社修復助力のために,幕府が寺社奉行連印の勧化状を寺社に与えて許可する方式で,村々には勧化にやってくる寺社名,時期,また勧化する者が回国する国名などを記した触書を出して,信者は物の多少によらず寄進するように伝えた。…

※「勧化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

勧化の関連キーワードシートウ(獅頭)山高野山(寺院)春鶯廓元青ノ洞門颯田本真阿弥陀聖末枯れ勧進帳御府内勧進聖小枝繁説経師勧化富村入用勧化帳三階節勧化所弁長信心良忍

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android