コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧心 かんしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勧心 かんしん

?-1273 鎌倉時代の農民。
東寺領若狭(わかさ)(福井県)太良荘(たらのしょう)の名主比叡(ひえい)山でまなぶ。寛元元年(1243)地頭若狭忠清の非法荘官の定宴や他の農民とともに六波羅(ろくはら)探題にうったえ,裁判で地頭代の定西の罷免(ひめん)をかちとった。文永10年死去。姓は藤井。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

勧心

没年:文永10(1273)
生年:生年不詳
鎌倉前期,東寺領若狭国太良荘(福井県小浜市)の草分け百姓,名主。藤井姓。比叡山で学び,下山後,荘内の薬師堂承仕を勤めた。承久の乱後,地頭若狭忠清の横暴に対し,「百姓之習一味」といわれる闘いの中心として活躍した。

(林文理)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

勧心の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android