コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観心本尊抄 カンジンホンゾンショウ

デジタル大辞泉の解説

かんじんほんぞんしょう〔クワンジンホンゾンセウ〕【観心本尊抄】

鎌倉時代の仏教書。1巻。日蓮著。文永10年(1273)成立。観心と本尊は妙法蓮華経として具現されているとし、口に南無妙法蓮華経と唱えることで仏果の成就を得ると説く。日蓮五大部の一。如来滅後五五百歳始(にょらいめつごごごひゃくさいし)観心本尊抄。本尊抄。観心抄。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんじんほんぞんしょう【観心本尊抄】

《如来滅後五五百歳始観心本尊抄》の略称。日蓮が1273年(文永10)撰したもの。真跡の17紙が中山法華経寺に現存するが,表裏両面に記載され,佐渡の流人の窮乏生活を思わせる。中国天台の智顗(ちぎ)の十界互具(じつかいごぐ),一念三千の理論にもとづくが,凡夫を仏と隔絶した存在とみる認識に立ち,その凡夫が,《法華経》の題目を〈南無妙法蓮華経〉と唱える(唱題する)ことにより,題目に包含されている釈尊の因行果徳の功徳(くどく)を自然(じねん)に譲与されるとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

観心本尊抄の関連キーワード中山(千葉県)茂田井 教亨茂田井教亨市川(市)法華経寺富木常忍三大部日常日通日寛

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android