コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定西 じょうさい

3件 の用語解説(定西の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定西 じょうさい

?-? 鎌倉時代の武士。
東寺領若狭(わかさ)(福井県)太良(たら)荘の地頭若狭忠清の代官。寛元元年(1243)地頭の横暴をうったえる農民らと六波羅(ろくはら)探題で対決して敗れ,地頭代を罷免された。宝治(ほうじ)元年には預所代(あずかりどころだい)定宴(じょうえん)との相論でも敗れた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

定西

生年:生没年不詳
鎌倉中期の地頭代官。東寺領若狭国太良荘(福井県小浜市)地頭若狭忠清の代官として現地支配に当たる。寛元1(1243)年,百姓らと六波羅探題で対決,「地頭代之濫行」とされて罷免の裁決を受け,宝治1(1247)年,預所代定宴との相論でも敗北した。

(林文理)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定西
ていせい / ティンシー

中国、甘粛(かんしゅく)省東部の県。定西地区の公署所在地。人口45万4065(2000)。渭河(いが)上流と黄河本流との分水嶺(ぶんすいれい)の黄河側に位置し、陝西(せんせい)省の西安(せいあん)より甘粛省の省都蘭州(らんしゅう)を経て西域(せいいき)へ至る、かつてのシルク・ロードの途中にある。現在は隴海(ろうかい)鉄道が通る。古くは異民族との交易市が設けられた所であったが、宋(そう)代に西域安定の意を込めて定西城、安西城が築かれ、金(きん)代に県となった。二城はのちにまとめられて安定県となっていたが、1914年定西県と改められた。交通機能によって成立している都市で、周囲は山地で農業用地も少なく産業には恵まれない。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定西の関連キーワード武士道勧心聖宴深恵長井静瑜長尾景煕中原氏女藤原盛景源保茂良円(4)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定西の関連情報