コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匍匐茎 ホフクケイ

デジタル大辞泉の解説

ほふく‐けい【××匐茎】

地面をはって伸びる蔓(つる)状の。サツマイモ・イチゴなどにみられる。匐枝(ふくし)。匍匐枝(ほふくし)。ストロンランナー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

匍匐茎【ほふくけい】

匍匐枝,ストロン,走行枝とも。地ぎわに近い茎節から出る特別な茎で,地表あるいは地中を横走する。地中をはうものは根茎と呼ばれる(ワラビ)。多くは鱗片葉のみで普通葉を欠き,先端に子株を生じて繁殖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほふくけい【匍匐茎 creeping stem】

茎の一種で,直立せずに地表面に沿うか,または地中を横に長く伸びるものをいう。ワラビ,シノブ,チドメグサオランダイチゴユキノシタなどはその一例である。地中をはう匍匐茎は根茎rhizomeとも呼ばれる(ワラビなど)。匍匐茎はふつう分枝し,主茎と側枝がともに伸びるが,チドメグサのように茎端は花に終わり,かわりに腋芽(えきが)がのびる場合もある。また,オランダイチゴ,ユキノシタ,クサソテツなどでは親株から側枝が匍匐し,その先端に別の株ができ,栄養繁殖を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほふくけい【匍匐茎】

つるになって地上をはい、節から根や茎を出して繁殖する茎。ユキノシタ・オランダイチゴなどにみられる。匐枝。ランナー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の匍匐茎の言及

【茎】より

…シダ植物と顕花植物(両者を合わせて維管束植物という)の体の部分のうち,葉や芽をつける軸状構造の器官である。樹木の幹は主茎が二次肥厚したものでその顕著な例は屋久杉やセコイアの巨木にみられるが,一方シダ植物の根茎のように地中にあって目立たないものもある。先端に花をつける花茎も茎の一種である。茎は根とともに植物体を支持し,根から吸収した水分や無機塩類などを上部の茎や葉に送り,葉で合成された同化物質などを茎や根に移動させるなど,体内物質を移動させる通道の役割をもつ。…

※「匍匐茎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

匍匐茎の関連キーワードツルヨシ(蔓蘆)フサイワヅタローズグラスヘライワヅタフジノハヅタオランダ苺カギケノリエピスキアラン(蘭)白花の蛇苺ジャガイモシバ(芝)匍匐植物砂丘植物姫蔓蕎麦生活型括れ蔦花茎海草地面

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android