化粧紙(読み)ケショウガミ

  • けしょうがみ ケシャウ‥
  • けしょうがみ〔ケシヤウ〕
  • けしょうし

世界大百科事典 第2版の解説

以前は化粧落し用高級ちり紙と考えられていたが,現在はいわゆるティッシュペーパー(フェーシャルティッシュfacial tissue)と同義語で,後者のほうがよく用いられている。家庭用薄葉紙の一品種で,耐水性があり,強度もあるが柔らかで,毛羽(けば)がたちにくく紙粉のないことが重要な性質である。さらし化学パルプを使用し,20g/m2以下のシートを長網ヤンキーマシンで作り,ドライヤーで10~25%のクレーピング(しわつけ)を行う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 相撲で力士がからだをぬぐい清めるのに用いる紙。以前、四本柱のあった頃は土俵の柱につるしてあった。力紙(ちからがみ)
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)二「戦場での組打に勝利を得るも相撲の手。〈略〉緞子三本化粧紙(ケシャウガミ)お心付いたる下され物」
② 化粧をする時、おしろいのむらを落としたりするのに用いる柔らかい紙。
③ 缶詰などの缶の側面に巻いてある絵や模様の刷られた紙。
※風俗画報‐一三四号(1897)人事門「缶胴に石板摺を以て種々の摸様を画ける紙を貼附せり。これを化粧紙といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android