コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化粧紙 ケショウガミ

デジタル大辞泉の解説

けしょう‐がみ〔ケシヤウ‐〕【化粧紙】

力紙(ちからがみ)3」に同じ。
顔のおしろいを落とすのに用いる紙。おしろい紙。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けしょうし【化粧紙】

以前は化粧落し用高級ちり紙と考えられていたが,現在はいわゆるティッシュペーパー(フェーシャルティッシュfacial tissue)と同義語で,後者のほうがよく用いられている。家庭用薄葉紙の一品種で,耐水性があり,強度もあるが柔らかで,毛羽(けば)がたちにくく紙粉のないことが重要な性質である。さらし化学パルプを使用し,20g/m2以下のシートを長網ヤンキーマシンで作り,ドライヤーで10~25%のクレーピング(しわつけ)を行う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けしょうがみ【化粧紙】

力紙ちからがみ」に同じ。
化粧直しに用いる柔らかい紙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

化粧紙の関連キーワードセッコウボード(石膏ボード)大日本印刷(株)堀内 寿太郎冷やし・冷し堀内寿太郎化粧直し十條製紙化粧板匂い紙汗拭き抄紙機艶紙力紙

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

化粧紙の関連情報