北の政所(読み)キタノマンドコロ

大辞林 第三版の解説

きたのまんどころ【北の政所】

は北の対屋たいのや政所は内政を執る所の意
摂政・関白の正妻の敬称。のちには、大・中納言の妻にもいった。 -の別当ども/源氏 若菜上
○豊臣秀吉の正室、高台院(ねね)の敬称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きた【北】 の 政所(まんどころ)

(「北」は北の方、「政所」は内政を執る所の)
[一]
① 摂政、関白の正妻を敬っていう語。のちには、大臣、大納言、中納言の正妻をもいった。
源氏(1001‐14頃)若菜上「北のまん所の別当ども、人人ひきゐて」
② (誤って) ①の場合以外の奥方の敬称。
義経記(室町中か)八「北のまんところ打続きかくれさせ給へば」
[二] 特に、豊臣秀吉の妻の敬称。杉原定利の二女。名は禰(ねね)。尾張の人。糟糠(そうこう)の妻として功をつくした。秀吉の没後、落髪、隠棲して高台院と称し、政界の動きに隠然たる影響をもった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北の政所の関連情報