コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北極距離 ほっきょくきょりnorth polar distance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北極距離
ほっきょくきょり
north polar distance

天体の赤緯を 90°から減じた値。天の北極からその天体までの角距離に等しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほっきょく‐きょり〔ホクキヨク‐〕【北極距離】

天の北極から時圏に沿って測った天体までの角度。現在は赤緯(せきい)を用いて表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほっきょくきょり【北極距離 north polar distance】

北極から天体までの角距離で,赤緯の余角である。現在では天体の位置を表すのに赤経と赤緯を使用するが,昔は赤緯の南北を符号をつけることによって区別しないで,北極距離で赤道を90゜,それより南は90゜以上の値を使うことも多かった。【古川 麒一郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほっきょくきょり【北極距離】

天球上のある点と天の北極との角距離。赤緯の余角。 → 赤緯

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android