コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時圏 じけん hour circle

翻訳|hour circle

6件 の用語解説(時圏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時圏
じけん
hour circle

天球上の天の極 (→天の南極 , 天の北極 ) とある天体を通る大円をその天体の時圏という。天頂の時圏が子午線である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じ‐けん【時圏】

地球上の経線のように、天球上で天の両極を通り天の赤道と直交する大円。時角圏。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

時圏【じけん】

天球上において,ある天体と天の北極とを通る大円をその天体の時圏という。時圏と子午線が天の北極で交わる角度が時角である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じけん【時圏 hour circle】

天球上で,ある天体と天の北極とを通る大円を考えて,これをその天体の時圏と呼ぶ。この時圏と子午線とが天の北極で交わる角度が時角であり,その時角を測って天文学的な時刻を決める。ここにこの名称の由来がある。天球上の赤経を地球上の経度と同じように考えた場合,時圏は経線に相当するものであり,北極と南極の間の赤経値の等しいところを通る線である。【中嶋 浩一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じけん【時圏】

天の両極を通るすべての大円の称。天の赤道と常に直交する。時角圏。時円。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

時圏
じけん

地球上の経線のように、天球上で天の北極と南極を通る大円を考えて、これを「時圏」とよぶ。この場合「圏」は「円」の同義語として用いられている。地球上から見ると、ある天体を通る時圏は天の北極(または南極)を中心として時計の針のように刻々と回転している。それゆえこの時圏の回転角(時角と称する)が、天測による時刻決定の基準になる。時圏の名称はここに由来する。[中嶋浩一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の時圏の言及

【時角】より

…星などの天体が日周運動で子午線を通過後に進行した角度をいう。厳密には子午線と時圏(天体と天の北極とを結ぶ大円)とが天の北極で交わる角度として定義され,天頂から西向きに測る(図)。これを360度を24時とする時,分,秒の単位で測ると,時角はそのまま天体の南中後の経過時間を表すことになる。…

※「時圏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

時圏の関連キーワード大円時角赤経南中北極視位置垂直圏卯酉圏磁北極銀河北極

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone