コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時圏 じけんhour circle

翻訳|hour circle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時圏
じけん
hour circle

天球上の天の極 (→天の南極 , 天の北極 ) とある天体を通る大円をその体の時という。天頂の時圏が子午線である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じ‐けん【時圏】

地球上の経線のように、天球上で天の両極を通り天の赤道と直交する大円。時角圏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

時圏【じけん】

天球上において,ある天体と天の北極とを通る大円をその天体の時圏という。時圏と子午線が天の北極で交わる角度が時角である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じけん【時圏 hour circle】

天球上で,ある天体と天の北極とを通る大円を考えて,これをその天体の時圏と呼ぶ。この時圏と子午線とが天の北極で交わる角度が時角であり,その時角を測って天文学的な時刻を決める。ここにこの名称の由来がある。天球上の赤経を地球上の経度と同じように考えた場合,時圏は経線に相当するものであり,北極と南極の間の赤経値の等しいところを通る線である。【中嶋 浩一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じけん【時圏】

天の両極を通るすべての大円の称。天の赤道と常に直交する。時角圏。時円。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

時圏
じけん

地球上の経線のように、天球上で天の北極と南極を通る大円を考えて、これを「時圏」とよぶ。この場合「圏」は「円」の同義語として用いられている。地球上から見ると、ある天体を通る時圏は天の北極(または南極)を中心として時計の針のように刻々と回転している。それゆえこの時圏の回転角(時角と称する)が、天測による時刻決定の基準になる。時圏の名称はここに由来する。[中嶋浩一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の時圏の言及

【時角】より

…星などの天体が日周運動で子午線を通過後に進行した角度をいう。厳密には子午線と時圏(天体と天の北極とを結ぶ大円)とが天の北極で交わる角度として定義され,天頂から西向きに測る(図)。これを360度を24時とする時,分,秒の単位で測ると,時角はそのまま天体の南中後の経過時間を表すことになる。…

※「時圏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

時圏の関連キーワードアインシュタイン(Albert Einstein)赤道座標北極距離太陽時天球儀回帰月地方時時円

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時圏の関連情報