区分所有法(読み)くぶんしょゆうほう

デジタル大辞泉の解説

くぶんしょゆう‐ほう〔クブンシヨイウハフ〕【区分所有法】

《「建物の区分所有等に関する法律」の略称一棟の建物を区分し、その各部分を所有権の目的とする場合の所有関係を定めるとともに、そのような建物や敷地の共同管理について定めた法律。昭和38年(1963)施行建物区分所有法マンション法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の区分所有法の言及

【建物の区分所有】より

… 日本では,1955年前後ころから,都市での人口集中,地価上昇などが顕著となるにつれて建築物の立体化・高層化が進み,区分所有建物が増加するに至ったが,その複雑な法律関係に対処するには,従来の簡単な民法規定(208条)では不十分であるため,62年にそれを削除して新たに〈建物の区分所有等に関する法律〉を制定したが,83年に内容・体裁ともに大幅な改正があった。この法律は区分所有法とかマンション法などともよばれる。つぎに,この法律の主要な点を概観する。…

※「区分所有法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

区分所有法の関連情報