医師国家試験(読み)イシコッカシケン

百科事典マイペディアの解説

医師国家試験【いしこっかしけん】

医師免許を受けるための国家試験。医師法に基づき,臨床上必要な医学と公衆衛生に関して医師に要求される知識・技能を試験する。普通の受験資格は,大学医学部卒業である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の医師国家試験の言及

【国家試験】より

…(2)会計技術等に関するもの 公認会計士試験,税理士試験,弁理士試験など。(3)医術に関するもの 医師国家試験,歯科医師国家試験,獣医師国家試験,薬剤師国家試験,看護婦国家試験,助産婦国家試験,保健婦国家試験など。(4)工業技術に関するもの 技術士試験,エネルギー管理士試験,高圧ガス製造保安責任者試験,ガス主任技術者試験,電気主任技術者資格試験,電気工事士試験,ボイラ技士試験,ボイラ溶接士試験など。…

※「医師国家試験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

医師国家試験の関連情報