医師国家試験(読み)イシコッカシケン

精選版 日本国語大辞典の解説

いし‐こっかしけん ‥コクカシケン【医師国家試験】

〘名〙 国家が、医師としての資格を認め、免許を与えるために行なう試験。日本の大学で医学部を卒業した、および外国の大学で医学を修業したのち予備試験に合格した者に受験資格がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の医師国家試験の言及

【国家試験】より

…(2)会計技術等に関するもの 公認会計士試験,税理士試験,弁理士試験など。(3)医術に関するもの 医師国家試験,歯科医師国家試験,獣医師国家試験,薬剤師国家試験,看護婦国家試験,助産婦国家試験,保健婦国家試験など。(4)工業技術に関するもの 技術士試験,エネルギー管理士試験,高圧ガス製造保安責任者試験,ガス主任技術者試験,電気主任技術者資格試験,電気工事士試験,ボイラ技士試験,ボイラ溶接士試験など。…

※「医師国家試験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

医師国家試験の関連情報