医療社会事業(読み)いりょうしゃかいじぎょう(英語表記)medical social work

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医療社会事業
いりょうしゃかいじぎょう
medical social work

保健,医療領域における社会事業。医療ソーシャルワークともいわれる。主として,患者や家族に対して,疾病の適切な予防,治療あるいはリハビリテーションを妨げているような,心理的,社会的,経済的な問題を解決,調整できるよう援助することをいう。これを行う専門家を医療ソーシャルワーカー MSWあるいは医療社会事業家などと呼ぶ。その専門技術や方法としては,(1) ケースワーク,(2) グループワーク,(3) コミュニティー・オーガニゼーション,(4) ソーシャルアクション,(5) 教育・調査・研究活動など,幅広いものが含まれる。欧米では,貧困な病人を保護した救貧院や宗教的慈善施設から病院が発生したため,医療社会事業的な活動の伝統をもち,19世紀末のイギリスで専門分野として取上げられ,その後次第に公衆衛生分野にも進出してきた。日本では第2次世界大戦後アメリカから導入されたが,MSWはまだ正式の職種として規定されていないなど,医療制度のなかで十分承認されるにいたっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いりょうしゃかいじぎょう【医療社会事業】

医療福祉事業と同じ意味のことばとして使われる場合と,英語のmedical social workの訳語として使われる場合とがある。前者は,医療費や生活費に困るというような経済的な理由などのために治療が受けられないことがないように,医療保険や公的扶助,医療費公費負担制度などの形で行われる社会福祉,社会保障,公衆衛生などの諸施策をさす。後者は,保健・医療に関連して生じる患者・家族の精神的,社会的,経済的な問題をとりのぞくために,主として個別的に行われる医療ソーシャル・ワーカーmedical social workerによる対人サービス活動をさすものとしてとらえられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android