コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十一面観世音 ジュウイチメンカンゼオン

デジタル大辞泉の解説

じゅういちめん‐かんぜおん〔ジフイチメンクワンゼオン〕【十一面観世音】

観音菩薩(ぼさつ)大悲の働きが多面的であることから生み出された変化観音。六観音七観音の一。顔(頭)が11あり、前三面を菩薩面、左三面を瞋面(しんめん)、右三面を狗牙上出面(くがじょうしゅつめん)、後ろ一面を大笑面とし、頂上に一仏面を配するのが一般的。十一面観音

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅういちめんかんぜおん【十一面観世音】

頭上に一一の面をもつ観音。衆生しゆじようを仏の悟りに到達させるとされる。一一の小面は、正面の三面が慈悲相、左方三面が瞋怒しんど相、右方三面が白牙上出相、後方の一面が大笑相、頂上の一面が仏相をそれぞれ現す。本面を加えて一一面とする像をはじめとして、面数も異なる物が多い。十一面観音。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十一面観世音の関連キーワード十一面観世音法由加山蓮台寺高照院天皇寺大御堂観音寺渡岸寺観音堂西新井大師観音菩薩新長谷寺野崎観音大興善寺霊山寺龍正院西林寺慈眼寺神峯寺龍光寺正楽寺宝寿寺千如寺太山寺

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十一面観世音の関連情報