十一面観世音(読み)ジュウイチメンカンゼオン

  • じゅういちめんかんぜおん ジフイチクヮンゼオン
  • じゅういちめんかんぜおん〔ジフイチメンクワンゼオン〕

大辞林 第三版の解説

頭上に一一の面をもつ観音。衆生しゆじようを仏の悟りに到達させるとされる。一一の小面は、正面の三面が慈悲相、左方三面が瞋怒しんど相、右方三面が白牙上出相、後方の一面が大笑相、頂上の一面が仏相をそれぞれ現す。本面を加えて一一面とする像をはじめとして、面数も異なる物が多い。十一面観音。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

七観音または六観音の一つ。十一の小面(菩薩面、忿怒面、笑面など)をつけた観音で、救済の働きが多面的であることを象徴する。本面を加えて十一面とするものと、本面以外に十一面あるものとあり、十一面のつけ方も種々である。二臂、四臂、八臂などの像形にあらわされる。六道に配した場合には、阿修羅道(あしゅらどう)の救主とされる。十一面観音。
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)「十一面観世音菩薩像二躯」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十一面観世音の関連情報