十一面観世音(読み)ジュウイチメンカンゼオン

デジタル大辞泉の解説

じゅういちめん‐かんぜおん〔ジフイチメンクワンゼオン〕【十一面観世音】

観音菩薩(ぼさつ)大悲の働きが多面的であることから生み出された変化観音。六観音七観音の一。顔(頭)が11あり、前三面を菩薩面、左三面を瞋面(しんめん)、右三面を狗牙上出面(くがじょうしゅつめん)、後ろ一面を大笑面とし、頂上に一仏面を配するのが一般的。十一面観音

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅういちめんかんぜおん【十一面観世音】

頭上に一一の面をもつ観音。衆生しゆじようを仏の悟りに到達させるとされる。一一の小面は、正面の三面が慈悲相、左方三面が瞋怒しんど相、右方三面が白牙上出相、後方の一面が大笑相、頂上の一面が仏相をそれぞれ現す。本面を加えて一一面とする像をはじめとして、面数も異なる物が多い。十一面観音。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅういちめん‐かんぜおん ジフイチクヮンゼオン【十一面観世音】

七観音または六観音の一つ。十一の小面(菩薩面、忿怒面、笑面など)をつけた観音で、救済の働きが多面的であることを象徴する。本面を加えて十一面とするものと、本面以外に十一面あるものとあり、十一面のつけ方も種々である。二臂、四臂、八臂などの像形にあらわされる。六道に配した場合には、阿修羅道(あしゅらどう)の救主とされる。十一面観音。
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)「十一面観世音菩薩像二躯」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十一面観世音の関連情報