七観音(読み)シチカンノン

デジタル大辞泉の解説

しち‐かんのん〔‐クワンオン〕【七観音】

人々を救うために、その場に応じて姿を7種に変えて現れる観音千手(せんじゅ)観音馬頭(ばとう)観音十一面観音聖(しょう)観音如意輪観音准胝(じゅんでい)観音不空羂索(ふくうけんじゃく)観音七つ
京都で観音をまつる七つの代表的な寺院。行願寺清和院・吉田寺・清水寺六波羅蜜(ろくはらみつ)寺六角堂蓮華王(れんげおう)院の7寺。また、その寺院の観音像。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

七観音

観音の変幻の種。▽千手(せんじゅ)観音、馬頭観音、十一面観音、聖(しょう)観音、如意輪観音、准胝(じゅんでい)観音、不空羂索(けんじゃく)観音

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

しちかんのん【七観音】

〘仏〙
人々を救済するため7種の姿をとって現れた観音。千手せんじゆ観音・馬頭観音・十一面観音・聖しよう観音・如意輪観音・准胝じゆんでい観音・不空羂索ふくうけんじやく観音。
京都の、革堂こうどう・河崎・吉田寺・清水寺・六波羅蜜ろくはらみつ寺・六角堂・蓮華王院にある七つの観音。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android