七観音(読み)シチカンノン

デジタル大辞泉の解説

しち‐かんのん〔‐クワンオン〕【七観音】

人々を救うために、その場に応じて姿を7種に変えて現れる観音千手(せんじゅ)観音馬頭(ばとう)観音十一面観音聖(しょう)観音如意輪観音准胝(じゅんでい)観音不空羂索(ふくうけんじゃく)観音七つ
京都で観音をまつる七つの代表的な寺院。行願寺清和院・吉田寺・清水寺六波羅蜜(ろくはらみつ)寺六角堂蓮華王(れんげおう)院の7寺。また、その寺院の観音像。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しちかんのん【七観音】

〘仏〙
人々を救済するため7種の姿をとって現れた観音。千手せんじゆ観音・馬頭観音・十一面観音・聖しよう観音・如意輪観音・准胝じゆんでい観音・不空羂索ふくうけんじやく観音。
京都の、革堂こうどう・河崎・吉田寺・清水寺・六波羅蜜ろくはらみつ寺・六角堂・蓮華王院にある七つの観音。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しち‐かんのん ‥クヮンオン【七観音】

[一] 七つの観音。京都の革堂(こうどう)行願寺・河崎清和院(感応寺)・吉田寺・清水寺・六波羅蜜寺・六角堂・蓮華王院の七つの寺院にまつられている観音をいう。また、それらの寺。
※明月記‐嘉祿元年(1225)正月二一日「天顔陰、陽景見、申後雨漸密、女房参七観音
[二] 仏語。衆生を救済するために、姿を七種に変える観音。すなわち、千手(せんじゅ)観音・馬頭(ばとう)観音・十一面観音・聖(しょう)観音・如意輪(にょいりん)観音・準胝(じゅんでい)観音・不空羂索(ふくうけんじゃく)観音のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android