七観音(読み)シチカンノン

デジタル大辞泉の解説

しち‐かんのん〔‐クワンオン〕【七観音】

人々を救うために、その場に応じて姿を7種に変えて現れる観音千手(せんじゅ)観音馬頭(ばとう)観音十一面観音聖(しょう)観音如意輪観音准胝(じゅんでい)観音不空羂索(ふくうけんじゃく)観音の七つ。
京都で観音をまつる七つの代表的な寺院。行願寺清和院・吉田寺・清水寺六波羅蜜(ろくはらみつ)寺六角堂蓮華王(れんげおう)院の7寺。また、その寺院の観音像。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しち‐かんのん ‥クヮンオン【七観音】

[一] 七つの観音。京都の革堂(こうどう)行願寺・河崎清和院(感応寺)・吉田寺・清水寺・六波羅蜜寺・六角堂・蓮華王院の七つの寺院にまつられている観音をいう。また、それらの寺。
※明月記‐嘉祿元年(1225)正月二一日「天顔陰、陽景見、申後雨漸密、女房参七観音
[二] 仏語。衆生を救済するために、姿を七種に変える観音。すなわち、千手(せんじゅ)観音・馬頭(ばとう)観音・十一面観音・聖(しょう)観音・如意輪(にょいりん)観音・準胝(じゅんでい)観音・不空羂索(ふくうけんじゃく)観音のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報