コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小面 コオモテ

デジタル大辞泉の解説

こ‐おもて【小面】

の一。あどけなさを残した、かれんな若い女の面。女面の代表的なもので、「井筒」「熊野(ゆや)」など三番目物に多く用いる。

こ‐づら【小面】

顔つきを卑しめていう語。多く、「こづらがにくい」「こづらにくい」の形で用いる。→小面憎い
煉瓦(れんが)・石材などの、六面体の面のうち最小の面。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こおもて【小面】

能面の一。女面の代表とされ、最も若い女性を表現したもので、可憐で美しい表情をもつ。

こづら【小面】

顔を卑しめていう語。 → 小面憎い
石・れんがなどの面のうち、最小の面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小面の言及

【能面】より

…喝食(かつしき),童子など美貌若年の面のなかにも,蟬丸や弱法師(よろぼし),猩々(しようじよう)といった特定面ができてくる。(4)は最も能面らしい表現のものといわれ,若い女面として小面(こおもて),増(ぞう),孫次郎,若女の4タイプがあり,それぞれ現在は流派によって使用を異にしている。やや老け役の面として曲見(しやくみ)と深井があり,これに霊性をもたせたものが泥眼(でいがん),増(十寸)髪(ますかみ),年たけた霊性のものとして霊女(れいのおんな),瘦女(やせおんな),老女,姥(うば)などがある。…

※「小面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小面の関連キーワード軽請け合い・軽請合いコンパクトマンション余弦法則(分子放出)カラーテレビジョンヤグラネギ(櫓葱)ファセット・カットエメラルド・カット人工林の団地化カラマツ先枯病アクアファクト慣性モーメントポピュリスムレーザー加工十一面観世音パスツールヘリポートコイ(鯉)酒月米人石川重政大宮真盛

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小面の関連情報