コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十七史商榷 じゅうしちししょうかくShi-qi-shi shang-que; Shih-ch`i-shih shang-ch`üeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十七史商榷
じゅうしちししょうかく
Shi-qi-shi shang-que; Shih-ch`i-shih shang-ch`üeh

中国,清代に作成された正史の代表的考訂書。王鳴盛撰。 100巻。汲古閣十七史 (史記,漢書,後漢書,三国志,晋書宋書南斉書,梁書,陳書,魏書北斉書周書南史北史隋書新唐書,新五代史) に『旧唐書』『旧五代史』を加えたものを対象に,文字の異同をはじめ制度,地理,職官その他について広く諸書を渉猟して考訂を行なっている。1~98巻が正史,残る2巻は一般的に史学を論じている。正史中,特に力を注いだのは『漢書』と『新・旧唐書』で,それぞれ 24巻を費やしている。本書は清朝考証学の発達を示す代表作の一つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android