コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前頭 まえがしら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前頭
まえがしら

力士階級の一つ。十両より上位で,小結より下位の階級の力士をさす。前相撲の頭の意味で,その第1位を前頭筆頭という。三役 (さんやく) 以下の幕内力士はすべて前頭にあたる。俗称平幕 (ひらまく) ともいう。現在は東西 17枚目まである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐とう【前頭】

頭の前部。
いちばんまえ。先頭。
「勇を恃て―に進み」〈竜渓経国美談

まえ‐がしら〔まへ‐〕【前頭】

相撲で、小結次位十両の上位。定数はないが、通例東西15人前後で、その第1位を前頭筆頭といい、以下前頭何枚目と数える。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんとう【前頭】

頭のまえの方。頭の前部。前額。 ↔ 後頭
一番まえ。また、まえ。 「壮士を従て-に進む/経国美談 竜渓

まえがしら【前頭】

力士の位の一。小結の下、十両の上。平幕。 「 -筆頭」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

前頭の関連キーワード前頭側頭型認知症成瀬川土左衛門セグロセキレイ生月鯨太左衛門阿久津川高一郎天津風雲右衛門ブローカ領域稲川政右衛門視神経管骨折ブローカ中枢大相撲の番付シナキョンハマヒバリ若年認知症三角頭蓋前頭前野学習療法FTLD前頭骨長頭症

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前頭の関連情報