コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二支文 じゅうにしもん shi-er-zhi-wen

1件 の用語解説(十二支文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十二支文
じゅうにしもん
shi-er-zhi-wen

中国古代の陰陽五行説に基づく暦法であった十二支を文様として表わしたもの。漢代の『方格規矩文鏡』 (→四神鏡 ) には,右回りに十二支の文字を配した例がある。十二支に動物をあて,図像化したり文様化したりしたのは,仏教など外来思想との結合によるもので,唐代になると墓誌に十二支像が刻まれ,また十二支の土偶が造られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十二支文の関連キーワード陰陽五行説陰陽家五行易五行説西郊天源術納音陰陽五行解剖図

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone