コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二経 ジュウニケイ

デジタル大辞泉の解説

じゅうに‐けい〔ジフニ‐〕【十二経】

漢方で、六臓六腑を巡って気血の流れている12の経脈。肺経から始まり、大腸経・胃経・脾経(ひけい)・心経・小腸経・膀胱経(ぼうこうけい)・腎経・心包経・三焦経・胆経を経て肝経から再び肺経に戻り、全体が一つの流れになる。十二経絡十二経脈。→奇経八脈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうにけい【十二経】

鍼灸しんきゆうで、経穴を系統的に連ねた一二の線。肺経・心経・心包経・脾経・肝経・腎経・大腸経・小腸経・三焦経・胃経・胆経・膀胱経をいう。 → 経絡けいらく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十二経の関連キーワード十三経十四経脈診四海爾雅奇経正経経絡経穴

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十二経の関連情報