コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気血 キケツ

3件 の用語解説(気血の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐けつ【気血】

人体内の生気と血液。漢方で、経絡(けいらく)の内外を循環する生命力の源とみなされるもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きけつ【気血】

人の生気と血液。また、血液の循環。 「人には-動くの年がある/伊沢蘭軒 鷗外

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気血
きけつ

東洋医学(中国医学)の一連の治療法で重要視される用語で、臓腑(ぞうふ)にエネルギーを供給するエネルギー源を意味する。東洋医学の古典理論では、人体の正常な機能を保つ内臓器官は六臓六腑(一般には五臓六腑といわれるが、実際には六臓六腑とされる)であり、この六臓六腑は、体内を一定のリズムで循環する気血の循行によって営まれると考えられている。この気血の循環経路がいわゆる経絡(けいらく)であり、気(栄気)は経外を巡り、血(衛血)は経内を巡る。気血の正常な循行によって臓腑(肝、心、脾(ひ)、肺、腎(じん)、心包(しんぽう)の六臓と、胆(たん)、小腸、胃、大腸、膀胱(ぼうこう)、三焦(さんしょう)の六腑)は健常となり、生体も健康が維持される。こうした気血という生体のエネルギー源の考え方は、古代中国人が日常の生活のなかから生み出した知恵ということができよう。[芹澤勝助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気血の関連キーワード陰証瘀血経水五臓十二経循環器傷寒生気十四経ABO血液型

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気血の関連情報