十便十宜図(読み)じゅうべんじゅうぎず

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうべんじゅうぎず【十便十宜図】

日本文人画の大成者といわれる池大雅,与謝蕪村の合作。清初の文人李漁の別荘であった伊園での生活の良さ,便利さを賞賛した詩《十便十二宜詩》の詩意をくんで描いたもので,十便を大雅が,十二宜のうちの十宜を蕪村が描いている。十便は,伊園での隠遁生活の不便さを問う訪客に,巷間での生活よりもこんなに便利な点があると答えた内容を描いたもので,大雅は自然に対する人間の営み,その触れ合いの機微を個性豊かに,かつ大きくゆったりと描いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十便十宜図の関連情報