コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十分一役 じゅうぶんのいちやく

百科事典マイペディアの解説

十分一役【じゅうぶんのいちやく】

江戸時代,鉱山などにおける課役(かやく)。鉱山関連の居住者は多くの場合,統制・管理上から山中(やまなか)・柵内などと称する特別区になかば隔離されていたが,そこでの暮らし向きのための必需品が外部の商人から持ち込まれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうぶんのいちやく【十分一役】

江戸時代,鉱山などにおける課役の一つ。院内銀山,石見銀山ほかの大規模な幕藩営鉱山や,秋田籠山銀絞所などでも行われていた。鉱山と鉱山労務者・管理経営者の住居は,柵で囲まれた山中と呼ばれる区域に隔離され,その区域への出入りには番所が設けられていた。それは鉱山統制を目的とするものであったが,同時に,山中への必要物資の流通を統制し,そこに財源を求めようとするものであった。米は多くの場合,幕藩領主の独占的な年貢米払下げによっていたが,その他の日常必需品の販売は,外部の商人が,その持ち込む商品の代銀の10分の1を番所(十分一役所)に前納したうえで,山中での商売を許された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

十分一役の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android