コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十束井斎 とつか せいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十束井斎 とつか-せいさい

1783-1843 江戸時代後期の蘭方医。
天明3年生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川藩医十束隆賢の養子。江戸で桂川甫周に医学,蘭学をまなぶ。一時,罪をえて郷里で蟄居(ちっきょ)。のちふたたび江戸に出,馬場佐十郎の門にはいる。甫周の子の甫賢や戸塚静海をおしえた。天保(てんぽう)14年9月死去。61歳。本姓は西川。名は特達。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

十束井斎の関連キーワード総合年表(アメリカ)キャベンディッシュ天明の飢饉アメリカ合衆国史(年表)ライト桂川甫三木室卯雲真如海唐来参和クリム・ハーン国

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android