コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十束井斎 とつか せいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十束井斎 とつか-せいさい

1783-1843 江戸時代後期の蘭方医。
天明3年生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川藩医十束隆賢の養子。江戸で桂川甫周に医学,蘭学をまなぶ。一時,罪をえて郷里で蟄居(ちっきょ)。のちふたたび江戸に出,馬場佐十郎の門にはいる。甫周の子の甫賢や戸塚静海をおしえた。天保(てんぽう)14年9月死去。61歳。本姓は西川。名は特達。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

十束井斎の関連キーワード総合年表(アメリカ)キャベンディッシュ天明の飢饉アメリカ合衆国史(年表)ライトメリーランド州会議事堂ジェンキンソン桂川甫三木室卯雲真如海

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone