十津川の変(読み)とつかわのへん

百科事典マイペディアの解説

十津川の変【とつかわのへん】

天誅(てんちゅう)(忠)組の変とも。1863年孝明天皇の大和(やまと)行幸に応じて討幕軍を起こす目的で,土佐(とさ)の吉村虎太郎,備前(びぜん)の藤本鉄石ら尊攘激派が公卿中山忠光を首領に擁し大和十津川の郷士を中心に天誅組を組織,同年8月17日挙兵した事件。翌日の文久3年8月18日の政変で行幸は中止され孤立,諸藩兵の追討を受けて9月壊滅した。→尊王攘夷運動倒幕運動
→関連項目天誅組

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android