文久3年8月18日の政変(読み)ぶんきゅうさんねんはちがつじゅうはちにちのせいへん

百科事典マイペディアの解説

文久3年8月18日の政変【ぶんきゅうさんねんはちがつじゅうはちにちのせいへん】

文久の政変,8月18日の政変とも。文久3年(1863年)8月18日公武合体派が,それまで優勢であった尊攘派を京都から追放,実権を掌握した事件。長州勢を中心とする尊攘派は孝明天皇大和行幸を機に天皇を擁して討幕軍を起こす計画を立てていた。これを知った薩摩(さつま)鹿児島藩の島津久光らは陸奥(むつ)会津藩および中川宮朝彦親王)ら朝廷内公武合体派と結び,突如御所を軍勢で囲んで行幸を中止させ尊攘派公卿志士らを追放した。この事件で尊攘運動の中核としての長州勢の優位はくつがえり,また大和行幸に呼応して決起したはずの天誅(てんちゅう)組は孤立壊滅。→七卿落禁門の変
→関連項目坂本竜馬三条実美尊王攘夷運動武市瑞山天狗党の乱十津川の変平野国臣真木和泉明治維新

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんきゅうさんねんはちがつじゅうはちにちのせいへん【文久3年8月18日の政変】

1863年(文久3)8月18日,孝明天皇と中川宮(朝彦親王)が画策し,薩摩・会津両藩が加わって,京都から尊王攘夷派の中心であった長州藩と,それと結ぶ急進派公卿とを追放した事件。62年から京都を制圧し朝意を左右していた尊攘派は,63年8月13日,天皇に強要して攘夷親征のための大和行幸の勅を出させた。これに対し公武合体派は巻返しのためのクーデタを計画した。18日未明,会津,淀,薩摩の兵が御所の門を固めるなかで,中川宮,前関白近衛忠凞(ただひろ),右大臣二条斉敬(なりゆき),京都守護職松平容保(かたもり),京都所司代稲葉正邦らが参内し,朝議が開かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の文久3年8月18日の政変の言及

【公武合体論】より

…しかしこれに対しては,公武合体論による雄藩勢力が反撃に出ることになった。尊王攘夷の急進分子を朝廷周辺から一掃したいわゆる文久3年8月18日の政変がそれである。名望を集める藩主をもつ雄藩は,朝廷と幕府の協力関係をとりもつことによって全国政治への参画を果たそうとし,すでに薩摩・土佐・越前などがそれぞれの周旋努力を重ねていた。…

【尊王攘夷運動】より

…その結果,攘夷親征のために大和行幸をおこなうとの詔勅が,8月13日に出た。
[政変と衰退]
 このような急進的な長州藩尊攘派に対する公武合体派の巻返しが,〈文久3年8月18日の政変〉である。孝明天皇と朝彦親王が計画し,薩摩・会津両藩が支援したこのクーデタで,長州藩尊攘派とそれに同調する公卿は京都を追われた。…

※「文久3年8月18日の政変」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android