千と千尋の神隠し(読み)せんとちひろのかみかくし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千と千尋の神隠し
せんとちひろのかみかくし

日本映画、2001年(平成13)、宮崎駿(みやざきはやお)監督のアニメーション映画。10歳の千尋が両親と引越し先に向かう途中、神々が疲れを癒す銭湯の敷地に入ってしまう。豚の姿にされた両親を元の姿に戻すために、千尋はこの銭湯で働くことになるが、名前を一字奪われ「千」とされてしまう。健気(けなげ)に働く彼女は両親を元の姿に戻すことに成功してこの地を出る。礼儀や労働を学んでいき困難に立ち向かう、という一人の少女の成長物語である。しかし名前の剥奪(はくだつ)が出自の喪失の危機であることを描いている点、あるいは「カオナシ」に象徴されるように、他者に受け入れてもらうことの困難さを描いているという点で、本作は自己の存在、そして自己の存在の意味への問いを投げかけているという側面もある。宮崎の監督作はヒット作が多いが、そのなかでも空前の興行収入を記録。海外の映画賞も受賞した。[石塚洋史]
『佐藤忠男著『日本映画史3、4』増補版(2006・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

千と千尋(ちひろ)の神隠し

2001年公開の日本のアニメーション映画。監督・脚本:宮崎駿、アニメーション制作:スタジオジブリ。声の出演:柊瑠美、入野自由、夏木マリ、内藤剛志、沢口靖子ほか。不思議な町に迷い込んだ少女が強欲な魔女の下で働かされながら、元の世界に帰るために成長してゆく姿を描く。第5回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞、第1回東京アニメアワードアニメーションオブザイヤー受賞。このほか第25回日本アカデミー賞最優秀作品賞、第56回毎日映画コンクール日本映画大賞など国内で数多くの映画賞を受賞。また、海外でもアカデミー賞長編アニメ賞、ベルリン国際映画祭金熊賞、アニー賞を受賞するなど高く評価されている。文化庁主催の「日本のメディア芸術100選」に選出。2014年5月現在、日本の歴代映画興行成績第1位。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千と千尋の神隠しの関連情報