コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千代国一 ちよ くにいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千代国一 ちよ-くにいち

1916-2011 昭和-平成時代の歌人。
大正5年1月30日生まれ。昭和15年「国民文学」に入会,松村英一に師事。編集委員をへて,英一没後は編集発行人。41年「冷気湖」で日本歌人クラブ推薦歌集(現日本歌人クラブ賞)。自身をみつめた孤独感のある歌が特色。平成23年8月29日死去。95歳。新潟県出身。大倉高商(現東京経済大)卒。歌集に「鳥の棲む樹」「花天」,評論に「松村英一の秀歌」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千代国一の関連キーワード第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット高嶋香帆イースター蜂起牧野省三田村夏奈子ジオパーククレイトン カーショーマット ケンプ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android