コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千屋熊太郎 ちや くまたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千屋熊太郎 ちや-くまたろう

1844-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)15年11月生まれ。千屋菊次郎,金策の従弟。土佐(高知県)の人。大坂で緒方研堂に医学を学び,郷里で開業。武市瑞山(たけち-ずいざん)の釈放などを高知藩にせまった野根山屯集に参加し,元治(げんじ)元年9月5日処刑された。21歳。名は孝樹。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千屋熊太郎の関連キーワード運動家尊攘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android