コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千成酸漿(読み)センナリホオズキ

大辞林 第三版の解説

せんなりほおずき【千成酸漿】

ナス科の一年草。熱帯アメリカ原産。野生化して各地に見られる。高さ約30センチメートル。葉は広卵形。夏から秋にかけ、淡黄色の花を開く。果実は小球形で多数つき、熟しても赤くならず、袋状になった緑色の萼がくに包まれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

千成酸漿 (センナリホオズキ)

学名:Physalis angulata
植物。ナス科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android