千成酸漿(読み)センナリホオズキ

大辞林 第三版の解説

せんなりほおずき【千成酸漿】

ナス科の一年草。熱帯アメリカ原産。野生化して各地に見られる。高さ約30センチメートル。葉は広卵形。夏から秋にかけ、淡黄色の花を開く。果実は小球形で多数つき、熟しても赤くならず、袋状になった緑色の萼がくに包まれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

千成酸漿 (センナリホオズキ)

学名:Physalis angulata
植物。ナス科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android