コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千林尼 せんりんに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千林尼 せんりんに

1810?-1869 江戸時代後期の尼僧。
文化7年?生まれ。曹洞(そうとう)宗。16歳で結婚したがすぐ離婚して出家。郷里周防(すおう)(山口県)岐波の八幡宮石造経蔵寄進。また船木-棚井間をはじめ各地の悪路石畳に改修するなど公共事業につくした。明治2年5月12日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

千林尼

没年:明治2.5.12(1869.6.21)
生年:生年不詳
江戸末期の曹洞宗の尼。周防国西岐波(山口県宇部市)の農家権右衛門の次女。夫の素行が悪く,家を出て曹洞宗の僧となる。天保の終わりごろ郷里に戻り,のち船木(厚狭郡楠町船木)逢坂の観音堂に住す。船木は交通の要所ながら大変な悪路であったことから,各所に通じる道路に石畳を敷く大事業をなしとげた。その後も架橋や道路整備に尽力。粗衣粗食をもってし,浄財を集めて社会事業に尽くし,60歳前後で没した。その土木事業の跡は時代の波とともに消えつつあるが,昭和10(1935)年にはその顕彰碑が船木の瑞松庵に建てられた。<参考文献>曹洞宗尼僧史編纂会編『曹洞宗尼僧史』,長谷川卒助『近世船木物語』

(熊本英人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

千林尼の関連キーワード山口県宇部市棚井

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android