コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉常一 ちば つねかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉常一 ちば-つねかず

1844-1868 幕末の和算家。
天保(てんぽう)15年生まれ。千葉胤英(たねふさ)の子。陸奥(むつ)一関(いちのせき)(岩手県)の人。父から教えをうけ将来を期待されていたが,戊辰(ぼしん)戦争の際,明治元年9月15日出羽(でわ)仙北郡(秋田県)苅和野で戦死。25歳。15年父によって刊行された「探索算法」は名著といわれる。通称は量七。号は淡水。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android