コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉治平 チバジヘイ

2件 の用語解説(千葉治平の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちば‐じへい〔‐ヂヘイ〕【千葉治平】

[1921~1991]小説家。秋田の生まれ。本姓、堀川。伊藤永之介に師事し、農村に題材をとった小説を執筆した。「虜愁記(りょしゅうき)」で直木賞受賞。他に「馬市果てて」「八郎潟」「アンデスの花」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉治平 ちば-じへい

1921-1991 昭和後期-平成時代の小説家。
大正10年10月31日生まれ。戦後,伊藤永之介に師事。昭和28年「馬市果てて」で地上文学賞,41年「虜愁記」で直木賞をうけた。平成3年6月23日死去。69歳。秋田県出身。南満州工専卒。本名は堀川治平。作品はほかに「八郎潟」「アンデスの花」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千葉治平の関連キーワードヴェナイトユーゴ紛争畑知子世界の国旗安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼ小協商新教育

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone