コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤永之介 いとうえいのすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤永之介
いとうえいのすけ

[生]1903.11.21. 秋田
[没]1959.7.26. 横手
小説家。本名,栄之助。高等小学校卒業後,秋田市内で働き,1924年金子洋文を頼って上京,『やまと新聞』に勤務しながら同年『新作家論』を発表,川端康成らに注目された。 28年『文芸戦線』同人となって,『見えない鉱山 (やま) 』 (1928) ,『恐慌』 (29) ,『暴動』 (30) ,『万宝山』 (31) などで注目された。東北地方大凶作の 31年頃から農村に取材するようになり,転向文学の一変種として,農民の無知と悲惨,純朴さを説話体でユーモラスに描いた『 (ふくろう) 』 (36) ,『鴉 (からす) 』 (38) ,『 (うぐいす) 』 (38) などの「鳥類もの」をはじめ,「動物もの」「魚もの」のユニークな作品で農民文学新生面を開いた。第2次世界大戦後の代表作は連作『警察日記』 (52) ,『続警察日記』 (55) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いとう‐えいのすけ【伊藤永之介】

[1903~1959]小説家。秋田の生まれ。本名、栄之助。東北の貧しい農民の生活を共感を込めて描き、独自の農民文学を開拓。作「」「」「警察日記」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤永之介 いとう-えいのすけ

1903-1959 昭和時代の小説家。
明治36年11月21日生まれ。金子洋文(ようぶん)をたよって上京し,「文芸戦線」などに評論,小説をかく。のち創作に専念し,昭和11年の「梟」「鶯」などの鳥類もので農民文学作家の地位を確立。29年和田伝らと日本農民文学会を創立した。昭和34年7月26日死去。55歳。秋田県出身。本名は栄之助。作品はほかに「警察日記」シリーズなど。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いとうえいのすけ【伊藤永之介】

1903~1959) 小説家。秋田県生まれ。本名は栄之助。「梟」「鴉」「鶯」などで、東北農村の生活を独自な説話文体で描き、社会主義的な農民文学者として活躍。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤永之介
いとうえいのすけ
(1903―1959)

小説家。秋田市生まれ。本名栄之助。秋田市中通小学校高等科卒業。1924年(大正13)同郷の先輩金子洋文(ようぶん)を頼って上京、初め『文芸戦線』や『文芸時代』に評論を書くが、のちプロレタリア文学運動に加わって、主として創作に転じた。このころの作品に、満州(中国東北部)を放浪する朝鮮農民を描いた『万宝山』(1931)などがあるが、プロレタリア文学衰退とともに数年間沈黙。36年(昭和11)『梟(ふくろう)』によって再起、鳥類ものと称される以降の作品群は東北農民の無知や悲惨さを共感を込めて描き、独自の農民文学を開拓した。『鶯(うぐいす)』(1938)で新潮文芸賞受賞。第二次世界大戦後、『雪代とその一家』『なつかしい山河』などのほか、『警察日記』シリーズがある。54年(昭和29)和田伝(つとう)らと日本農民文学会をおこし、一時その会長にもついて戦後の農民文学再建に意を注いだ。[高橋春雄]
『『伊藤永之介作品集』全三巻(1971~73・ニトリア書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伊藤永之介の関連キーワード伊藤 永之介丸山 義二鶴田知也昭和時代千葉治平伊藤

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android