コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶山次俊 かじやま つぐとし

1件 の用語解説(梶山次俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶山次俊 かじやま-つぐとし

1763-1804 江戸時代中期-後期の和算家。
宝暦13年9月25日生まれ。陸奥(むつ)一関(いちのせき)藩(岩手県)の家老。藤田貞資(さだすけ)にまなぶ。門人に関流の千葉胤秀(たねひで)や最上流の斎藤尚仲(しょうちゅう)がいる。文化元年8月9日死去。42歳。通称は主水。号は岷江。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

梶山次俊の関連キーワード門限面倒羅城岡部長備川上宗什国包(9代)三鍼立川小兵衛田中佐十郎(初代)樗雲三谷蘆水

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone