コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉頼胤 ちば よりたね

1件 の用語解説(千葉頼胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉頼胤 ちば-よりたね

1239-1275 鎌倉時代の武将。
延応元年11月20日生まれ。千葉時胤の子。下総(しもうさ)・伊賀(いが)守護。下総印東荘,神保郷(千葉県)などの地頭。香取神宮の遷宮時には神殿,鳥居などを造営。建長2年幕府から博奕(ばくち)禁止令をうけた。文永11年の文永の役で蒙古との合戦で負傷し,建治(けんじ)元年8月26日死去。37歳。通称は千葉介。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千葉頼胤の関連キーワード延応伊王野城杜世忠九条行家杜世忠杜世忠建治イルカの追い込み漁天下りのあっせん一遍

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone