コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉頼胤 ちば よりたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉頼胤 ちば-よりたね

1239-1275 鎌倉時代の武将。
延応元年11月20日生まれ。千葉時胤の子。下総(しもうさ)・伊賀(いが)守護。下総印東荘,神保郷(千葉県)などの地頭。香取神宮の遷宮時には神殿,鳥居などを造営。建長2年幕府から博奕(ばくち)禁止令をうけた。文永11年の文永の役で蒙古との合戦で負傷し,建治(けんじ)元年8月26日死去。37歳。通称は千葉介。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

千葉頼胤 (ちばよりたね)

生年月日:1239年11月20日
鎌倉時代前期の武将
1275年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

千葉頼胤の関連キーワード法華経寺岩谷堂城生年月日千葉宗胤日常

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android