コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半ばの月 ナカバノツキ

デジタル大辞泉の解説

なかば‐の‐つき【半ばの月】

半円形の月。半月(はんげつ)。
「末の世を照らしてこそは二月(きさらぎ)の―は雲がくれけれ」〈続千載・釈教〉
月半ばの月。満月。特に、中秋の名月。
「秋の空、余りにたへぬ―」〈謡・雨月
《表面に半月形の穴があるところから》琵琶(びわ)。
「四つの緒の調べにつけて思ひ出でよ―に我も忘れじ」〈玉葉集・雑五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なかばのつき【半ばの月】

半月はんげつ。 「涙ゆゑ-はかくるとも/太平記 3
陰暦15日の月。十五夜。特に中秋の名月。 「あまりに堪へぬ-、あら面白の折からやな/謡曲・雨月」
〔腹板の穴を半月ということから〕 琵琶びわの異名。 「かきくもる涙も悲し今更に-は袖にやどさじ/新後撰 雑下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

半ばの月の関連キーワード末の世太平記

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android