コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半ばの月 ナカバノツキ

デジタル大辞泉の解説

なかば‐の‐つき【半ばの月】

半円形の月。半月(はんげつ)。
「末の世を照らしてこそは二月(きさらぎ)の―は雲がくれけれ」〈続千載・釈教〉
月半ばの月。満月。特に、中秋の名月。
「秋の空、余りにたへぬ―」〈謡・雨月
《表面に半月形の穴があるところから》琵琶(びわ)。
「四つの緒の調べにつけて思ひ出でよ―に我も忘れじ」〈玉葉集・雑五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なかばのつき【半ばの月】

半月はんげつ。 「涙ゆゑ-はかくるとも/太平記 3
陰暦15日の月。十五夜。特に中秋の名月。 「あまりに堪へぬ-、あら面白の折からやな/謡曲・雨月」
〔腹板の穴を半月ということから〕 琵琶びわの異名。 「かきくもる涙も悲し今更に-は袖にやどさじ/新後撰 雑下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

半ばの月の関連キーワード末の世太平記

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android