コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角盥 ツノダライ

3件 の用語解説(角盥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つの‐だらい〔‐だらひ〕【角×盥】

左右に2本ずつ角のような長い柄のついた小さなたらい。多くは漆塗りで、うがい・手洗いなどに用いた。→耳盥(みみだらい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つのだらい【角盥】

左右に角のような柄のある漆塗りの小さな盥。古くからうがい・手洗い・かねつけなどに用いられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角盥
つのだらい

水や湯を入れて、手や顔を洗うための容器。また、歯ぐろめや口をすすぐのにも用いる。つくりは金属、陶器、木地漆塗りのもので、家紋を入れていたり、蒔絵(まきえ)で装飾されたものがある。形状は、円形の胴部左右に2本ずつ、4本の手があたかも角(つの)が生えているように出ているので、この名が生まれた。袖(そで)をかけて手を洗うに都合がよいためという説と、2人して持ち運ぶのに便利であるという説とがある。盥に水を注ぐ際、水が散らぬように、糸で編んだ貫簀(ぬきす)を敷く。これに付属して、楾(はんぞう/はぞう)(半挿・)が水・湯を入れ注ぐ器としてあり、また水瓶(すいびょう)がかわりに用いられる場合もある。そして、楾を盥の中に入れて持ち運ぶ。平安時代に用いられていたことは、『枕草子(まくらのそうし)』に「楾に手水などいれて、たらゐの手もなきなどあり」とあって、手のついた盥の角盥のほうが多く用いられていたようである。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の角盥の言及

【盥】より

…〈たらい〉は〈手洗い〉がなまった言葉で,古くからさまざまに使用されてきたが,現在ではもっぱら洗濯や水浴用の大型のものをいい,洗顔用は洗面器とよんでいる。中世までは主として角盥(つのだらい)が使われていた。これは木製黒漆塗りの円形で,左右に2本ずつ角のような長い柄がついている。…

※「角盥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

角盥の関連キーワードソースパン味噌漉し耳盥モップ八つ足の机竹杷杖提灯土割おかめ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

角盥の関連情報