コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角盥 ツノダライ

大辞林 第三版の解説

つのだらい【角盥】

左右に角のような柄のある漆塗りの小さな盥。古くからうがい・手洗い・かねつけなどに用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角盥
つのだらい

水や湯を入れて、手や顔を洗うための容器。また、歯ぐろめや口をすすぐのにも用いる。つくりは金属、陶器、木地漆塗りのもので、家紋を入れていたり、蒔絵(まきえ)で装飾されたものがある。形状は、円形の胴部左右に2本ずつ、4本の手があたかも角(つの)が生えているように出ているので、この名が生まれた。袖(そで)をかけて手を洗うに都合がよいためという説と、2人して持ち運ぶのに便利であるという説とがある。盥に水を注ぐ際、水が散らぬように、糸で編んだ貫簀(ぬきす)を敷く。これに付属して、楾(はんぞう/はぞう)(半挿・)が水・湯を入れ注ぐ器としてあり、また水瓶(すいびょう)がかわりに用いられる場合もある。そして、楾を盥の中に入れて持ち運ぶ。平安時代に用いられていたことは、『枕草子(まくらのそうし)』に「楾に手水などいれて、たらゐの手もなきなどあり」とあって、手のついた盥の角盥のほうが多く用いられていたようである。[郷家忠臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の角盥の言及

【盥】より

…〈たらい〉は〈手洗い〉がなまった言葉で,古くからさまざまに使用されてきたが,現在ではもっぱら洗濯や水浴用の大型のものをいい,洗顔用は洗面器とよんでいる。中世までは主として角盥(つのだらい)が使われていた。これは木製黒漆塗りの円形で,左右に2本ずつ角のような長い柄がついている。…

※「角盥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

角盥の関連キーワード御手洗祭耳盥

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android