コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松崎天神縁起 まつざきてんじんえんぎ

防府市歴史用語集の解説

松崎天神縁起

 松崎天神[まつざきてんじん](防府天満宮[ほうふてんまんぐう])が建てられた由来を描いた絵巻物[えまきもの]で、1311年頃に描かれました。全部で6巻あります。また、保存目的で室町時代後半に描かれたものもあり、こちらは大内義興[おおうちよしおき]が京都にいる時に土佐光信[とさみつのぶ]に描かせたものです。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松崎天神縁起
まつざきてんじんえんぎ

天神縁起絵巻の一つ。鎌倉末期の作で、山口県・防府(ほうふ)天満宮蔵。重文。6巻からなり、第1~第5巻は『北野天神縁起』弘安(こうあん)本の内容とほぼ等しく、菅原道真(すがわらのみちざね)の一代記と死後の霊験譚(れいげんたん)が説かれる。第6巻には松崎神社草創の由来が添えられる。すなわち、道真が九州に左遷の途次、周防(すおう)国勝間浦に立ち寄った際「此地(このち)いまだ帝土をはなれず、願はくば居をこの所に占めむ」と誓ったことから、904年(延喜4)に創立された旨が叙されている。第6巻の奥書により、1311年(応長1)、時の国司土師(はじ)信定がつくらせたことがわかる。克明な描写、濃墨の輪郭線に濃麗な彩色を施した画風が特徴的で、当時の絵巻の代表作の一つにあげられる。[村重 寧]
『小松茂美編『続日本絵巻大成16 松崎天神縁起』(1983・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android