コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半田門吉 はんだ もんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

半田門吉 はんだ-もんきち

はんだ-かどきち

半田門吉 はんだ-かどきち

1834-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)5年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。嘉永(かえい)7年目付役となり,藩命で各地を遊歴,尊攘(そんじょう)運動をおこなう。文久3年天誅(てんちゅう)組の挙兵にくわわるが,敗れて長州に潜伏。元治(げんじ)元年7月19日禁門の変で戦死。31歳。名は成久。変名武田二郎。著作に「大和戦争日記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android