コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透かす すかす

盆栽用語集の解説

透かす

葉・芽・枝・根などの量を減らすこと。力の調節をはかる、通風・日照条件を良くするという目的があるほか、美観上のバランスを整える効果もある。

出典|(株)近代出版盆栽用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すか・す【透かす】

[動サ五(四)]
物と物との間隔を少しあける。すきまをつくる。「板を―・して作った縁台」
こんでいるものを間引いてまばらにする。間隔を粗くする。「剪定(せんてい)して枝を―・す」
あけておく。時間をあける。「手を―・す」
タイミングをはずして、肩すかしをくわせる。「でばなを―・される」
間から通るようにする。物を通して見えるようにする。「ガラスを―・して見る」
透けて見えるようにする。「模様を―・した紙」
音を立てないで屁(へ)をする。「こっそり―・す」
減らす。
「京中の勢(せい)をばさのみ―・すまじかりしものを」〈太平記・九〉
場をはずす。
「足もとの明かい時、はやう―・さう」〈虎明狂・痩松
10 油断する。
「万事に一つも―・さぬ人の言へり」〈浮・織留・五〉
[可能]すかせる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すかす【透かす】

( 動五[四] )
すき間をこしらえる。 「欄間の一部を-・して作る」 「些と-・さないか、籠るやうだ/婦系図 鏡花
たてこんでいるものの一部を取り去り、まばらにする。 「植木の枝を-・す」
光を通して中の物や向う側を見る。 「明りに-・して見る」
すき間を通して物が見えるようにする。 「那様どんな人間だらうと格子から…-・して見る/婦系図 鏡花
油断をする。 「万事にひとつも-・さぬ人/浮世草子・織留 5
音の出ないように屁をする。 「 - ・しても音のするのは河童の屁/柳多留 61」 〔「すく」に対する他動詞〕
[可能] すかせる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

透かすの関連キーワードオトギリソウミズオトギリ格子(建築)ココシュカ内兜・内冑透かし絵透かし彫化物話透彫り雲透き受光伐空かす型模様透かし婦系図金属彫金すか透彫廂間

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

透かすの関連情報