コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南京操り ナンキンあやつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南京操り
ナンキンあやつり

江戸時代の人形芝居の一種。糸操りのこと。手遣いの場合より小さい人形を使用。小型のものに南京の字を冠するところから,この名称があるといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ナンキン‐あやつり【南京操り】

糸操りの初期のころの呼称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ナンキンあやつり【南京操り】

〈糸操り〉ともいい,人形芝居の一形態。壇上の人形遣いが,人形の各所に糸をつけ,その糸を手板と呼ばれる操作板で操るのが基本形。中国の〈懸糸傀儡〉が渡来したものという意味とも,小さいかわいいものを南京というところからの呼称ともいう。鎌倉期五山僧の漢詩などによって,小さい舞台を使っての糸操り上演の模様がうかがわれる。近世の操座では手遣いが主流を占め,一部の演出に用いられたほかは小芝居で演じられた。1617年(元和3)の《徳永種久紀行》に江戸中橋の景として〈上るりを,木にて作りしでこのぼう,いとであやつるおもしろや〉と記し,また93年(元禄6)の《好色伝授》中の上方の歌舞伎舞台上で演じられた資料などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ナンキンあやつり【南京操り】

糸操りの初期の称。江戸初期に始まり、寛文・延宝年間(1661~1681)に隆盛。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の南京操りの言及

【操り】より

…したがって,人形自体に仕掛けして自動的に動く〈からくり人形〉以外のものを〈操り人形〉と総称し,かつ浄瑠璃に合わせて演じる人形芝居を〈操り浄瑠璃〉と呼んだ。江戸中期以後は義太夫節による三人遣いの文楽様式がもっぱら行われるようになったため,操りは文楽を意味する語となり,歌舞伎の丸本物(義太夫狂言)を〈操り狂言〉と呼ぶようになって,本来の糸操りはかえって〈南京操り〉として区別された。しかし歌舞伎舞踊の《操三番叟》のように,糸操りを意味する用例も皆無ではない。…

※「南京操り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南京操りの関連キーワード江戸時代人形劇寛文

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android