コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南拾参生 みなみ じゅうさんせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南拾参生 みなみ-じゅうさんせい

1894-1927 大正時代の俳人。
明治27年生まれ。小学校教員だったが病のため退職。渡辺水巴(すいは)の「曲水」に俳句,俳論を発表した。没後に評論集「詩心即仏心」「永遠と平安」が曲水叢書として刊行された。昭和2年1月18日死去。34歳。大分県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南拾参生の関連キーワード大正時代俳人

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android