コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南桃作 みなみ ももさく

2件 の用語解説(南桃作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南桃作 みなみ-ももさく

1819-1876 江戸後期-明治時代の発明家。
文政2年1月10日生まれ。土佐(高知県)幡多郡(はたぐん)中村の人。米搗粉挽車,水車機織器,煙草刻器,人力水汲車,河掘器械車船,糸引器などを発明,改良。とくに樟脳(しょうのう)大釜焚製造器は土佐式とよばれ,大正時代までもちいられた。明治9年8月29日死去。58歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

南桃作

没年:明治9.8.29(1876)
生年:文政2.1.10(1819.2.4)
幕末維新期の機械発明・改良家。名は与平。梅玉と号した。土佐国(高知県)幡多郡中村生まれ。南鉄三郎の子。温厚で思考力にすぐれていた。遠近鶴鳴に学び,長じて漢学,国学を修め,詩歌・俳句をよくし,文章の上手であった。機械を利用して人力を省くことを考え製作道具の発明に努力し,幡多郡奉行のころの後藤象二郎に称賛された。米搗粉挽車,水車機織器,板挽割および煙草刻器,樟脳大釜焚製造器,人力水汲車,河掘器械車船,糸引器,紙漉器,紐打器などを発明改良した。特に樟脳製造器は生産を高め,土佐式といわれて大正時代まで使用された。著書に『大学遠鏡』『通俗神代巻』『幡多郡地名考』などがある。<参考文献>『中村市史』

(山本大)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南桃作の関連キーワードホープ良家NHK大河ドラマ押小路甫子草山貞胤鈴木与平清風与平(2代)中山績子宮地正人改良発明

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone