コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南淵永河 みなぶちの ながかわ

2件 の用語解説(南淵永河の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南淵永河 みなぶちの-ながかわ

777-857 平安時代前期の官吏。
宝亀(ほうき)8年生まれ。坂田奈弖麻呂(なてまろ)の次男。兄弘貞とともに南淵朝臣の氏姓をうける。嵯峨(さが)天皇が皇太子のとき侍読をつとめ,即位後は左中弁,治部大輔。譲位のとき冷然院別当となった。のち大宰大弐(だざいのだいに),刑部卿。正四位下。「経国集」に詩4首がおさめられている。天安元年10月12日死去。81歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

南淵永河

没年:天安1.10.12(857.11.2)
生年:宝亀8(777)
平安前期の官人。坂田奈弖麻呂と槻本老の娘の次男。嵯峨天皇の皇太子時代,朝野鹿取小野岑守らと共に侍読の任に当たり,大同4(809)年嵯峨天皇即位ののちは民部少輔,右中弁などを歴任,譲位に際しては勅命により冷然院(跡地が京都市中京区)の別当を兼任した。終生嵯峨との関係は緊密であったが,これも仁愛を心がけて人々に敬慕されたという人柄によるものであろう。承和4(837)年大宰大弐として赴任し,トラブルの多かった同年の遣唐船の発遣から帰国後まで,煩瑣な事務を精力的に処理した。仁寿3(853),天安1(857)年因幡権守に任じられた。なお本姓は息長真人といったが,弘仁14(823)年に兄弘貞と共に南淵朝臣を賜姓。『経国集』に詩を収める。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南淵永河の関連キーワード海部男種麻呂粟田奈勢麻呂粟鱒麻呂百済永継槻本老角兄麻呂秦都岐麻呂文室秋津南淵弘貞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone