コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南苑 なんえん

世界大百科事典 第2版の解説

なんえん【南苑】

平城宮に関連する施設。《続日本紀》での初見は727年(神亀4)で,以後同書に747年(天平19)までみえる。仁王経講説騎射叙位,宴などに使われた。平城宮内のどこが南苑にあたるかは確証はないが,関野貞は平城宮中軸線上で,初期の大極殿の南方に推定している。騎射などからみてかなり広い場所であることが必要であり,また727年の《続日本紀》の記事によると楯波池からおこった風によって南苑の樹2株が吹きおれたとあるから,同苑には樹木も植えられていたことが知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

南苑の関連キーワード競馬(くらべうま)橋本 独山川上孤山橋本独山シフゾウ四不像識名園

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android