コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南葛労働会 なんかつろうどうかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南葛労働会
なんかつろうどうかい

1922年(大正11)10月に渡辺政之輔(まさのすけ)らが東京府下南葛飾(みなみかつしか)郡亀戸(かめいど)町(江東(こうとう)区)付近を拠点につくった左翼労働組合。当初の名称は南葛労働協会であったが、翌年1月29日の大会で南葛労働会と改称。労働組合運動の経験者藤沼栄四郎(ふじぬまえいしろう)を顧問格に、渡辺、川合義虎(かわいよしとら)、南巌(みなみいわお)、吉村光治(こうじ)、加藤高寿、北島吉蔵(きたじまきちぞう)、相馬(そうま)一郎らの青年労働者によって創立された。会員には種々雑多な企業に働く労働者が集まり、生粋(きっすい)のプロレタリアという意識が強く、戦闘心、団結心、連帯感に富み、これがため「南葛魂」と称された。しかし23年9月、関東大震災下の亀戸事件で川合、吉村、北島、相馬らが虐殺され、翌24年2月22日、東京東部合同労働組合に改組した。[渡辺悦次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の南葛労働会の言及

【渡辺政之輔】より

…千葉県市川に生まれ,東京亀戸の工場に勤めて労働運動に参加した。1922年,創立直後の日本共産党に入党,ただちに南葛労働協会(翌年,南葛労働会と改称)を組織して左翼労働組合の拠点を作った。25年,日本労働組合評議会(評議会)結成とともにそのリーダーとなり,共同印刷争議などの争議を指導した。…

※「南葛労働会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南葛労働会の関連キーワード藤沼 栄四郎川合 義虎川合義虎丹野セツ亀戸事件南巌

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android