コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺政之輔 ワタナベマサノスケ

百科事典マイペディアの解説

渡辺政之輔【わたなべまさのすけ】

労働運動家,日本共産党指導者。千葉県出身。労働者として新人会に接触。日本共産党の結成に参加。関東大震災後解党した党の再建運動に奔走,1925年日本労働総同盟分裂で日本労働組合評議会の最高指導者として多くのストライキを指導した。
→関連項目新人会丹野セツ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺政之輔 わたなべ-まさのすけ

1899-1928 大正-昭和時代前期の労働運動家。
明治32年9月7日生まれ。大正8年東京帝大新人会の後援で新人セルロイド工組合を結成。11年共産党に入党し,15年党中央委員。昭和2年モスクワでの二七年テーゼ作成に参加,「赤旗」創刊を指導。3年党委員長となる。コミンテルン代表と上海で会談しての帰途の昭和3年10月6日台湾の基隆(キールン)で警官と銃撃戦となり,自殺。30歳。千葉県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

渡辺政之輔

没年:昭和3.10.6(1928)
生年:明治32.9.7(1899)
大正・昭和前期の日本共産党指導者。現在の千葉県市川市生まれる。大正6(1917)年家族と深川に移住。亀戸のセルロイド工場職工となる。8年東大新人会の宮崎竜介と出会い,新人セルロイド工組合を結成,本格的に労働運動を開始する。友愛会に加入,左派として反指導部活動を行う。11年結成の日本共産党に入党するとともに南葛地域の労働運動を組織。12年には労働組合内の左翼分子を集めたレフト結成に参加。同年第1次共産党事件で自首,収監される。13年に日本労働総同盟関東同盟会理事となり,総同盟の左翼化運動を推進,分裂をもたらす。14年の総同盟分裂に際して日本労働組合評議会を結成。15年には共同印刷,浜松日本楽器の大争議を指導。同年の日本共産党再建で組織部長。昭和2(1927)年のコミンテルン日本問題委員会で福本イズム批判に転じ,27年テーゼ作成に参加。3年日本共産党中央委員長となる。コミンテルン代表と上海で協議の帰途,台湾の基隆で官憲に追われピストル自殺。<著作>『左翼労働組合の組織と政策』<参考文献>恒川信之『日本共産党と渡辺政之輔

(有馬学)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わたなべまさのすけ【渡辺政之輔】

1899‐1928(明治32‐昭和3)
労働運動家,また日本共産党の指導者。愛称〈渡政〉で知られる。千葉県市川に生まれ,東京亀戸の工場に勤めて労働運動に参加した。1922年,創立直後の日本共産党に入党,ただちに南葛労働協会(翌年,南葛労働会と改称)を組織して左翼労働組合の拠点を作った。25年,日本労働組合評議会(評議会)結成とともにそのリーダーとなり,共同印刷争議などの争議を指導した。23年には第1次共産党事件で投獄された。26年党中央委員に選出され,27年コミンテルンに招かれてモスクワに行き日本共産党の27年テーゼ作成に加わり,帰国後28年2月発刊の党機関誌《赤旗》に創刊の辞を執筆,その直後党中央委員長となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

わたなべまさのすけ【渡辺政之輔】

1899~1928) 労働運動家。千葉県生まれ。労働組合の結成とその指導に従事。1922年(大正11)日本共産党に入党。コミンテルンの招集で27年テーゼ起草に参画、帰国後の28年中央委員長。同年、台湾基隆で官憲と交戦、自殺。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡辺政之輔
わたなべまさのすけ
(1899―1928)

戦前の日本共産党における労働者出身の指導的幹部の1人。明治32年9月7日、千葉県市川町根本の畳職の家に生まれる。東京・亀戸(かめいど)町永峯(ながみね)セルロイド工場の職工となり労働運動に入る。1919年(大正8)2月11日新人会に入会、同亀戸分会をつくり、5月6日新人セルロイド工組合を組織、友愛会城東連合会に参加、20年最初のメーデーに参加した。22年7月創立の日本共産党に参加、同年10月南葛(なんかつ)労働協会を組織し、23年3月の党臨時大会に参加した。6月レフト(プロフィンテルン=国際赤色労働組合加盟を目ざす左派の労働運動組織)機関紙『労働組合』を創刊、署名人となった。6月5日の第一次共産党事件の検挙に連座し逮捕、起訴された。23年12月保釈出獄し、24年2月東京東部合同労組を組織し、4月日本労働総同盟に加盟し、総同盟戦闘化の先頭に立った。25年5月の総同盟分裂後、日本労働組合評議会の指導者となった。また共産主義ビューローの一員となり、26年12月第3回大会で中央委員となった。二七年テーゼ作成に参加し、その普及に努め、中央常任委員・組織部長となり、『赤旗』発刊に努力、28年(昭和3)2月の総選挙以後委員長となった。三・一五の弾圧では検挙を免れたが、同年10月6日、国際連絡の帰途、台湾の基隆(キールン)で官憲と交戦、自らの命を断った。[犬丸義一]
『『渡辺政之輔著作集』(1962・日本共産党中央委員会出版局) ▽及川恒夫著『日本共産党と渡辺政之輔』(1971・三一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の渡辺政之輔の言及

【新人会】より

…1918年12月5日,吉野作造の弟子麻生久,赤松克麿,宮崎竜介らが新しい思想の伝達者,社会改造の担い手をめざして結成,翌19年2月には機関誌《デモクラシイ》を創刊した(1920年2月《先駆》,同年10月《同胞》と改題)。同月には東京亀戸の工場地帯に入り共産党指導者となる渡辺政之輔を中心とする分会を設立したのをはじめ,全国各地に支部を設けた。とくに全国の遊説オルグで各地の大学,高専での新思想による学生の組織化に力をつくし,22年11月の学生連合会結成の中心となって日本の学生運動を指導した。…

※「渡辺政之輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

渡辺政之輔の関連キーワード治安維持法芳賀矢一リジェンダーチャベス稲垣浩松竹(株)戦争文学童謡誌おてんとさんパテルノストロ自然と人生